BEE BRAND MEDICO DENTAL 歯科医療関係者向け製品紹介サイト 個人情報の保護について このサイトについて ご利用上の注意 サイトマップ back
back
フッ化物集団先口
フッ化物集団先口詳細画面へ
製品ラインナップ
予防関連
歯科材料関係
院内感染予防関連
ご開業応援グッズ
一般消費者向け製品
義歯洗浄液
口臭防止剤
口腔ケア用品
ホワイトニング関連
歯ブラシ関連
歯間清掃具
予防関連
一般の方はこちら
 
製品イメージ
予防関連


歯科用小器具洗浄液
ナクロガードG
 
医療器具の除菌と洗浄に

タンパク分解作用により血液・唾液を強力に洗浄

次亜塩素酸ナトリウム2400〜3000ppm配合

原液使用で希釈の手間なし

液の交換は1週間に1度

ナクロガードG(10L、4L)

洗浄効果

  • 目に見えないタンパクや油脂成分を強力に分解洗浄。
  • 次亜塩素酸ナトリウム+ オルトケイ酸ナトリウムで洗浄力UP!!
■ スライドに付着した血液や蛋白、油脂成分の洗浄比較実験
油脂成分の洗浄比較実験画像
汚染物質 牛肉片0.5g
被験液 A:精製水  B:次亜塩素酸Na  C:ナクロガードG
浸漬時間 10分間
処 理 被験液浸漬 ⇒ 水洗 ⇒ アミドブラック染色 ⇒ 水洗 ⇒ 自然乾燥

除菌効果

  • 次亜塩素酸ナトリウム3000ppmの確かな除菌作用。
■ MBC測定法による菌の発育防止効果の実験
発育防止効果の実験画像

これらの製剤は希釈して使用するものでは ありませんが、16倍までの希釈倍率では、 細菌の繁殖は認められませんでした。

ナクロガードGに配合されている防錆剤は 除菌作用に影響を与えるものではない事が 確認されました。

防錆効果

  • 新配合防錆剤( オルトケイ酸Na )による優れた防錆。
■ 鉄板( JISG3141:20×50mm)を用いた防錆効果の比較実験
防錆効果の比較実験画像
被験液 従来品, ナクロガードG
浸漬時間 2時間
処 理 被験液浸漬 ⇒ 水洗 ⇒ 静置 ⇒ 3、7日後錆面積(表裏)を計測

従来品と比較して、 約14倍の防錆効果が確認されました。

低付着残留性

  • 防錆剤による器具類への付着物の軽減。
■ ステンレス板を使用した、付着残留物発生の比較実験
付着残留物発生の比較実験画像
被験液 従来品, ナクロガードG
処 理 ステンレス板に被験液50μL滴下。
60℃にて2時間乾燥。
流水下にて手指およびブラシで洗浄。

ナクロガードGでは付着残留物は見られなかった。

ナクロガードGの使用方法

水洗い
流水のみで水洗い
こびりついた汚れ以外は 流水で水洗いし、使用後の器具には 手を触れないようにしましょう。
バー・リーマー類 インスツルメント類
原液浸漬
希釈の手間なし原液浸漬
ナクロガードG原液をフタ付容器に8分目まで入れ、水洗い後の器具を浸漬します。
● 原液のままでお使いください。
● 液の交換は一週間を目安に行ってください。
バー・リーマー類 インスツルメント類
  • ● フタを必ず閉めてください。フタを閉めないと錆びる場合があります。液は容器の8分目まで入れてください。
  • ● 広口で浅い容器(シャーレ等)での浸漬はお避けください。
水洗い
流水でしっかりと水洗い
浸漬容器から器具を取り出し流水で十分 に水洗いしてください。
バー・リーマー類 インスツルメント類
  • ● 水洗いが不十分な場合、インスツルメント類の嵌合部分が固まる恐れがありますのでご注意ください。
ポイント
  • 水気を十分にとってしっかりと乾燥
  • ● 十分に水気をとってください。さびの原因のほとんどはこの時点での乾燥不足です。
  • ● 滅菌パックに入れる場合もしっかり乾燥させてから入れましょう。
滅菌処理へ 薬液浸漬 オートクレーブ ガス滅菌
ナクロガードGの使用コスト例(10Lの場合)
1 週間 1 ヶ月
バー・リーマー類 200mL \ 230 800mL \ 920
インスツルメント類 1L \ 1,150 4L \ 4,600
1ヶ月使用で\ 5,520
ナクロガードGの使用上の注意
ナクロガードGの使用時は安全対策のため、保護メガネ、ゴム手袋を着用してください。


▲このページのトップへ

 

(C)2006 BEE BRAND MEDICO DENTAL.CO.,LTD. All rIights reserved.